お歳暮, 時期, 食品/飲食

お歳暮を送るときのマナーや送ってはいけないもの

デパートやスーパー、最近はネット通販などでもお歳暮の商品が多数販売されています。洗剤や珈琲、ビールや油、肉や魚などの生鮮品から特産品、ハムなどその種類は豊富です。毎年同じ相手に送ることが殆どなのでいつも同じ物だと感謝の気持ちも伝わりにくいこともありますが、送っても良い品も限られているため気に入ったものを探すのが難しいこともあります。お歳暮は日ごろの感謝の気持ちを伝えるものなので難しく考える必要はありませんが、送ってはいけない品もあります。

目上の人に送る時には靴下や下着など身につけるものは避けた方が良いです。これらの品は踏みつけるやみすぼらしい格好をしているといった意味として受け取られてしまい、感謝の気持ちを表す品としてはふさわしくありません。他にもはさみや刃物は相手との縁を切るという意味にもなるのでこれも避けた方が無難です。現金や金券などもお金に困っている人という意味になり大変失礼になるので注意が必要です。

よくお歳暮で失敗としてあるのが知らずに相手の嫌いなものや苦手なものを送ってしまうことです。ビールなどアルコールは苦手な人もいるため、事前に相手が好きなものや嫌いものがわかっているときは良いですが、不明なときには嗜好品などは避けた方が良いです。また、喪中だと送るべきか迷うものですが、お歳暮は日ごろの感謝としてのお礼なので送っても失礼になりません。一年の感謝の気持ちとして送るのがお歳暮で、送るのは品でも必ず気持ちがあることが大切です。

送る相手の好みを把握しておくことや、送ってはいけないものを間違って送らないようにすることも必要です。実用的なものと思えるものが実は失礼なことがあるので、目上の人や会社の上司に送るときには特にマナーについて間違ってないかを確認してから送ったほうが失敗もありません。お歳暮のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です