お歳暮, 時期, 食品/飲食

お歳暮を直接手渡すとき

お歳暮はお世話になっている相手に渡すものですが、この場合の方法としては、やはり直接、相手の自宅などに赴いて、その場で手渡すのが、もっとも丁寧な方法といえるでしょう。この場合ですが、応接間などの相手の自宅のなかに通されたあとで、あいさつをしてから手渡すのが基本となります。その際、お歳暮の品物は風呂敷に包むか、またはデパートなどの紙袋に入れた状態で持参しますが、風呂敷などをかけたままで渡さず、かならず外して、品物そのものだけを渡すのがマナーといえます。あいさつにあたっては、日頃お世話になっていることの感謝をあらためて述べ、そのしるしとしてお歳暮を贈る旨を伝えることがたいせつです。

また、お歳暮の品物のなかには、食べ物など、賞味期限があらかじめ設けられているようなものもあります。この場合には、相手にもひとこと添えておいたほうがよいでしょう。もっとも、相手が遠方に住んでいるなどして、実際には直接手渡すことができない場合もあります。このような場合は、宅配便などで、デパートやギフトショップなどから送付することも、いまではそれほどめずらしいことではなくなっています。

そのため、従来のような手渡しに加えて、このように店舗からの送付についても、特に礼儀を失するものではありません。ただし、その際はあいさつ状を添えておくなど、相手の自宅に伺ってあいさつをすることと、同様の趣旨のマナーを忘れないようにすべきです。お歳暮のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です